買い取り可能な着物

買い取り可能な着物

着物は、洋服と違って買い取りの基準が低くなっています。
例えば洋服ですと、ブランドものしかダメだったり、シミがあると買い取りをして貰えなかったりしますが、着物はそういうことはありません。
なんとなくの先入観で、「私の着物はシミもあるし、古いからダメかも」と思わなくても大丈夫です。

 

シミがあっても、何十年か前に購入した着物でも、基本的には買い取りは可能なんです。
着物というものは、ずっとタンスにしまっておくとどうしてもシミなどが発生しやすくなるので、シミのある状態の着物の買い取り依頼って多いのです。
さらに、着物を着る際に必要な小物(帯や帯どめなどなど)も買い取りが可能なのでこちらも査定してもらうことをお勧めします。
着物って、小物次第でかなりニュアンスが変わって印象も違います。
小物を変えることで、同じ着物でも若い女性が着ても年配の女性が着てもさまになるから不思議です。
小物も査定依頼することをお勧めします。

 

着物リサイクルが求められている背景には、着物そのものが高価な商品であるために、新しいものを1着購入するのにもかなりの費用が掛かるという点が挙げられます。
しかし、着物リサイクルですといわゆる中古品ではあるのですが、珍しい柄の着物だったり人気のある先生の作品だったりするものが、割と安い値段でレンタルしたり、購入することができます。
新品だったら1着しか買えないものが、2着3着それ以上の数の着物を購入できるということが着物リサイクルの人気の理由なのです。